久しぶりの

釣りログです。久しぶりでしょう? そんなことない? 今日、行ってきました。今回のメンバーはこの4人です。

なんか「新バンド結成!」みたいやね。でもただの釣り会です。お馴染み安田仁さんと、バス釣り初挑戦の伊藤直輝くん、それに青木さんです。

ここ最近で寒くなって、釣り状況はかなり厳しくなってるとは聞いてたけど、たしかに朝からめちゃめちゃ難しかったです。場所を移動しながらいろいろと試してみるも、アタリもなく、まったく釣れる気がしない。さすがに途中めげました。青木さんはもっと早くからめげていて、竿も持たずに浜辺をウロウロして、「早よファミレス行こ」ばっかり言ってはりました。伊藤くんは、案外釣りが性に合うようで、孤独にキャスティングを続けていました。安田さんは常に全体を見渡し、コントロールしながらも、いつも通り楽しんではりました。

ランチ後、もう帰ろうかという雰囲気になりながらも、ダメ元で寄っていこうということで訪れた浜大津。ここで、自分はやってしまいました。やってしまったというのは、釣ってしまったということです。つまりみんなボウズで仲良く「ダメだったね」と笑って帰ろうっていう空気を、一瞬にしておれは壊してしまったわけです。嬉しいのに、複雑でした。あとで安田さんも釣ったときは、まじでほっとしました。

青木さんはその後も釣りに集中せず、みんなにコーヒーを振る舞ってくれました。今回はまた新しいメンバー構成で、ある意味フレッシュな気分で釣りを楽しめました。4人でいろんな話もしました。全員釣れれば一番よかったけど。なかなか難しいシーズンになってきたね。またみんなで行きましょう。

おまけ写真は、「ニャーニャーの人とニャーニャー」です。

11/1京都MUSEライブ

昨日は、京都MUSEのアコースティックイベントにソロで参加してきたよ。とはいえ、昨日はえらい個性的なメンバーが多く、ある意味自分が唯一正統派やったんやないかという気さえしています。

<SET LIST>
generation for the permanent green/カンパニーズ・ブルース/あやまりたい/通り雨降る月夜の女/kitchen drunker’s love song

セットリスト、たった5曲にもかかわらず相当悩みました。新曲を入れたかったけど、間に合わず断念。それが残念で残念で。でも音響もすばらしく、とても気持ちよく歌えました。ソロも少しは形になってきてるでしょうか。聴いてくれたみなさんありがとう。

今回、何年かぶりに、はらみねこと対バンという形で共演しました。ここ最近のはらみねちゃんのステージはすばらしいと思う。感動したよ。

いつまでも、その手に花を、その目に笑みを、とーるに飯を

昨日はリハスタでした。その帰り道にて。

とーる「この辺でごはんだけ売ってくれるとこ知らんけ?」
おれ 「あ〜。その辺のドラッグストアで、さとうのごはん買ったらええんちゃうん?」
とーる「その方が安いか。」
おれ 「と思うで。なんで米だけなん?」
とーる「卵がLサイズ2パックで¥150やって、おれ買うてもうてんけど、あれ使わな腐るやろ?」
おれ 「ああ…。まあね。」
とーる(嬉しそうに)「今日の晩は卵かけごはんや。」
おれ 「……。」

一人暮らしを始めてからというもの、日に日に痩せ細っていっているピーポーインザプラネッツのドラマー、中川とーる。その秘密はこんなところにあったのだ。世界では今もなお8億7千万人もの人々が飢餓に苦しんでいるというが、そのうちとーるもその一人として数え……。

さて、明日は京都MUSE、ソロでの出演です。受付で「ぎいち見に来た」で前売料金で入れるようにしておきます。来れる方はぜひ来てください。

●11月1日(木)@京都 MUSEHALL
「MONOTONE」
open 18:00/start 18:30
adv ¥2000/door ¥2500(1D別)
奥村兄弟/はらみねこ/馬渡松子/川野航/佐藤ぎいち

※京都ミューズのアコースティックイベント。Vo.佐藤ぎいちソロでの出演です。出演順は1番目、18:30です。

ピーポーナイトVol.66

今日は朝から役所へ手続きしに行き、そのあと3ヵ月ぶりに行きつけのマッサージでガダガタの体をほぐし、家に帰ってトイレ掃除となかなかタイトな時間を過ごしてました。
一段落ついたので昨夜のピーポーナイトのことを書きます!
今回かなりしゃべりました(笑)アクシデントもあり、客席から「とーる!、とーる!」って背中を押してくれる仲間の声。嬉しかったな~けして得意じゃないけど会場にいるみんなに楽しんでもらえるようとにかくしゃべりました。
いや~しかし話にオチが無いんだよな~(笑)もちろん聴いてもらいたい歌があってのしゃべりね。
SET LIST
悪魔のワルツ/通り雨降る月夜の女/kitchen drunker’s love song/oh yeah,ah yeah/I wish millions of stars filled night sky/カンパニーズ・ブルース/generation for the permanent green/Calling/バラが咲いた(カバー)/月の砂漠(カバー)/さらば愛しい人よ/愛をもって孤独なれ/ハレルヤ/いつまでも、その手に花を、その目に笑みを、心に愛を/このはかない一生の中で
(encore)Shiny Happy Girl

今回アンコールに新曲を聴いてもらいました!ピーポーにはめずらしくある意味わかりやすいストレートな曲でサビの「shinyhappygirl~♪」 とか一緒んなって歌ってもらえるし、メロディがすごい気持ちいいから俺もお気に入りの曲です。ぜひみんなで覚えて合唱しようぜ!!

最後になりましたが、ピーポーナイトに来てくれたみんなほんまありがとうございます!

あさって24日(水)は

都雅都雅ピーポーナイトです。ぜひ遊びに来てください。

●10月24日(水)@京都 都雅都雅
「ピーポーナイトvol.66〜ぎいちととーるの対マン一本勝負〜」
open 19:00/start 19:30
adv ¥1500/door¥2000(別途2オーダー要)

※マンスリーワンマンライブ。約2時間、たっぷりピーポーのみのオンステージです。

_____________________

チケット予約は、HP内「CONTACT」宛てに、公演名、お名前、人数を記入して送信していただくか、または当日受付にて「ピーポー見に来た」と 言っていただければ、全員前売り料金で入れるようにしています。お一人でも気軽に、ぜひピーポーの「ライブ」を体感しに来てください。

蕗と里芋を煮ました。またそのうち、ピーポーナイトのスペシャルメニューでこういうのをだしてみようかと思います。今回はでませんよ。

また

行ってしまいました。釣りです。もう一種の病気です。医者に相談しようかな。やらなあかんこといっぱいあったのに。本当は直前まで迷ってたのですが。でも今日を逃すとしばらく行けません。気になって何もうまくはかどらないので、思い切って竿をもって家をとびだしました。というわけで今日は短時間です。場所は浜大津。もはやバンドのホームページが釣り日記化しています。

一応、結果を出しました。30センチ前後のバスです。最近大きいのばかり釣ってるので、この程度では満足できなくなってる自分がいます。大人になるって、こういうことなんですね。ここらで初心に返らないといけません。5センチのブルーギルを釣ってはしゃいでた頃が懐かしいです。しばらく行けないのはちょうどいい機会かな。本業がんばります。

釣り大会

昨日、アコースティックバーKEYSTONE主催のバス釣り大会に参加してきました。最近、周囲のみんなに「釣りばっかりやなあ」と言われっぱなしですが、これだけはちょっと書かせてください。何せ、準優勝したんですから。自分が何かの賞をもらったのは、思い出すかぎり、小学校の時の日焼け大会以来の快挙です。自分でもびっくりです。好きこそものの上手なれというけど、ほんまにその通りやなと思いました。最近の自分の釣り熱は、もうちょっと他の人には理解できないであろう域に達してましたから。

琵琶湖。参加者は17人。朝6時に集合で、みんな3人または2人ずつボートに乗り、正午までに釣った魚をもって帰ってくるというシステムです。

おれは都雅都雅ボスと兎さんと一緒の船でした。

終わってみれば準優勝。優勝はヤバオカムーブメンツの隆さんの49.5センチ。おれは49センチだから5ミリの差です。よう肥えてたから重さやったら優勝できたのにな。まあいいです。兎さんも3位に入りました。同じボートから2名の入賞者をだすなんて。これもチーム戦やったら優勝できたのにな。まあいいです。

それにしても、今までの自分の最高は43センチだったんで、今回こんな大舞台で自己ベストを更新するかたちになったのは、とてもラッキーなことでした。

最後に、おれの釣りの師匠、安田さんと。大きく見せるために腕をぐーんと前に出してはります。かわいい人ですね。

10/10@江坂MUSE

今日ライブしてきました。
大阪でのライブ。何年ぶりやろ~江坂MUSEに至ってはもう4、5年ぶりかな?ピーポー京都に引きこもりすぎやな笑
以前はピーポー車があったので、大阪神戸とクルマで行き来してたんやけど、今は廃車したので電車での移動。楽器もっての電車移動はほんま大変。仕方なくシンバル類は今回家でお留守番。
ライブハウスに入ると今日の共演者がリハーサル中。これも今年入ってピーポーナイトはワンマンショーだから他の共演者がまずいるってことがなんだか不思議やし新鮮。あっライブハウスってなんかこういう感じやったなって思い出す。
SET LIST
通り雨降る月夜の女/愛をもって孤独なれ/カンパニーズ・ブルース/kitchen drunker’s love song/限りない喜びも、果てしない悲しみも/このはかない一生の中で

今回ピーポー攻めのセットリストでした。非常に繊細で熱いまた哀愁漂う曲ら。演奏しててもピリッと引き締まる思いでした。緊張の糸を切らさぬよう集中して集中する。
相方がほんまええ歌歌うから、皆さんに最高の形で楽曲を届けたい。そんな気持ちで望んでます。楽しんでいただけたでしょうか?

今回を機にまた大阪でのライブ再開できればと思いました。
最後になりましたが、観に来てくれた皆さん、共演者のみんなありがとう!

ワニ攻め その3

あと1匹釣りたい。1匹釣った余裕はどこへやら、日暮れが近づくにつれだんだん焦ってきました。風がでて波も荒くなり、釣りもしにくい状況になってくる。結局は昼前に釣った桟橋のポイントに戻り、そこで粘ってみることにしました。さすがにここは時折アタリがある。アタリがあるということは、きっと釣れるということです。こんな大真面目に言うことではないかもしれませんが。

ふと風の影響を受けてないポイントに気付きました。そしてそこにホイっとワームを落とし込んだ瞬間…。きた、きた。しかもでかいです。まだ姿は見えませんが、引きでわかります。慎重に、慎重に。ああ、やっぱり。これはでかい。自己ベストかも。無事引き上げた瞬間、この嬉しさといったら。おれは誰もいない浜辺で、「やった」とか「ああよかった」とか独り言を言いまくってました。記念写真。よく肥えてるけど、身長?は自己ベストと同じ43センチくらいでした。

釣りの日の自分はまるで子供です。でも、大人になってもこんなに純粋な喜びを味わえるなんて、やっぱり最高です。

突然ですが、ライブ情報。久々の大阪です。近郊の方、ぜひ会いに来てください。

●10月10日(水)@江坂 MUSEHALL
「ESAKA RAMBLE」
open 18:00/start 18:30
adv ¥2000/door ¥2500(1D別)
CHUEE MEE/ピーポーインザプラネッツ/Monochrome Theatre/ウエサカタカアキ/and more…

※ピーポー出演は2番目、19:10〜予定です。予定がわからない方も、当日受付で「ピーポー見に来た」と言えば、前売料金で入れるようにしておきます。

ワニ攻め その2

予想は的中。その後、何投目かで見事にヒット。今度は集中してたので、ちゃんと引き上げることができました。しかもなかなかのサイズ。もう、うれしいのなんのって。だれもいない桟橋で、子供みたいにはしゃぎまくってました。でもやっぱりこんな時一人は寂しい。ツイッターにあげて、師匠にメールで報告。レスポンスをくれて、それがまたうれしい。もうこれで和迩まで来た甲斐があるってもんです。しばらくは惰性で投げて、その後昼飯へ。前にも来て食って、あんまりうまないなと感じたラーメンが、今日はうまい。食後はたまたま見つけた釣り具屋へ。店主と話し、新しいワームと針、重りを買う。釣りに来て釣り具を買うなんて、ライブ当日にギターを買うようなもんでしょうか。

後半戦。再び漁港を攻める。さっき買った道具で。でもやっぱり漁港はダメでした。他の釣り人も渋い顔をして、黙々と投げ続けています。おれはまた移動を開始します。自分だけのポイントを探して。つづく…。