江坂MUSE詳細と昨日のこと

10/10のライブの詳細でました。

●10月10日(水)@江坂 MUSEHALL
「ESAKA RAMBLE」
open 18:00/start 18:30
adv ¥2000/door ¥2500(1D別)
CHUEE MEE/ピーポーインザプラネッツ/Monochrome Theatre/ウエサカタカアキ/and more…

※ピーポー出演は2番目、19:10〜予定です。何年ぶりかの大阪ライブです。予定がわからない方も、当日受付で「ピーポー見に来た」と言えば、前売料金で入れるようにしておきます。ぜひお越し下さい。

昨日はとーると、リハスタのあと、京都MUSEへライブを見に行ってきました。はらみねこと、あんず*、伊藤直輝に、安田仁の4組。全員知ってる人たちです。お客さんもなんとなく知ってる人ばかり。不思議なムードでした。ライブは、みんなそれぞれの持ち味で、ほんまにいい感じでした。終わってからは打ち上げにも参加して、楽しい一日になったよ。写真はMC中のみねちゃんと、ピンぼけすぎてなんのこっちゃわからない安田さんです。うまく撮れなくてすいません。いいカメラがほしいなあ。

10月ライブスケジュール

■10月ライブ情報

●10月10日(水)@江坂 MUSEHALL
「ESAKA RAMBLE」
open 18:00/start 18:30
adv ¥2000/door ¥2500(1D別)
CHUEE MEE/ピーポーインザプラネッツ/Monochrome Theatre/ウエサカタカアキ/and more…

※出演順未定。決まりましたらまたHPにアップします。じつに何年ぶりかの大阪ライブです。近くの方はぜひ来てください。

●10月24日(水)@京都 都雅都雅
「ピーポーナイトvol.66〜ぎいちととーるの対マン一本勝負〜」
open 19:00/start 19:30
adv ¥1500/door¥2000(別途2オーダー要)

※約2時間、たっぷりピーポーのみのオンステージです。アットホームな空間で、一緒に音楽を楽しみましょう。

_____________________

チケット予約は、HP内「CONTACT」宛てに、公演名、お名前、人数を記入して送信していただくか、または当日受付にて「ピーポー見に来た」と 言っていただければ、全員前売り料金で入れるようにしています。お一人でも気軽に、ぜひピーポーの「ライブ」を体感しに来てください。

釣りログ

昨日、琵琶湖に釣りに行きました。今回は、大阪のバンドMagicians Roulettのギタリスト、ゆうちゃんと。Magicians Roulettは、いつもニコニコと自分を慕ってくれるかわいいバンドです。かわいいなんていうと失礼かもしれませんが。メンバーのうち一人を除いて、みんな自分よりうんと若いので。前に今度誘ってくださいと言われてたので、ほんまに誘ってやりました。安田さんも同じことを言ってはりますが、最近はおれもいろんな人に釣りに連れて行ってくれと言われます。この周辺での釣りネットワークの拡大は、まじで半端じゃないです。同時に音楽も盛り上がればって感じですが。近年は音楽も、それだけっていうよりはコラボが目立ちます。ゲームと音楽、アニメと音楽、動画と音楽、等々。われわれは釣りと音楽でやってみますか? 魚が食いつくと曲が流れ出すリールとか、開発しますか?

冗談はさておき。この日の釣果はおれは2匹。でもうち1匹は40センチオーバーです。コツをつかんでからというもの、ほんまにコンスタントに釣れるようになりました。でも今回は自分だけ釣ってオッケーというわけにはいかないのです。誘った手前、しかもわざわざ大阪から滋賀まで足を運んでもらった手前、どうしてもゆうちゃんにも釣ってもらわないと。朝からでかいクランクベイトを投げ続けるゆうちゃん。おれはかつてクランクベイトで実際に釣ってる人を見たことがありません。あまりにアタリがなさそうなので、途中おれがよく釣る仕掛けに変えさせるも、それでもダメ。もう日も暮れかけてきて、帰ろうかと話してるときに…。きた。やっときた。しかも40センチオーバー。冷静なゆうちゃん。おれの方が興奮してました。彼はかみしめるタイプなのでしょう。それでも帰り道には「いやあ、よかったです。」を繰り返していました。

いやあ、ほんまに、よかったです。

10/26@京都MUSE

ご無沙汰してます。
数ヶ月ぶりのブログ更新。さぼっててすみません。これからはもう少し更新がんばります。

今日は京都MUSE でのライブでした。最近では2、3ヶ月に一回のペースで出演させてもらってます。いつもありがとうございます。
同じビルにあるスタジオには多い時週に3、4回通うので馴染みの場すぎてライブって気がしないくらいでしたが。

恋のはじまりABC /カンパニーズ・ブルース/kitchen drunker ‘ s love song /oh year ,ah yeah /あやまりたい

今回はこないだのピーポーナイトとはちがってポップな曲をいくつかセットに加え、明るめなピーポーでお届けしました。

与えられた時間やその日の対バンさん、ハコの雰囲気なんかでセットリストってかわります。観てくださった皆さん今回のセットどうでしたか?楽しんでもらえたならなによりです。

今日はリハから曲のテンポ間違いやなんやでまたやらかしてしまいました。
本番に向けて気持ちよくのぞみたい。こないだのピーポーナイトでもリハボロボロでした。ほんま自分メンタル弱いです。

ちょっと修行にでようかと本気で考えてます。修行ってのはひとりでステージに立つことです。
めちゃ恐怖ですが逃げてばかりもいられへん。

前に向かってやってる自分を見て欲しいと思ってます。

ほんまチャレンジです!

今日も観に来てくれた皆さんありがとうございました。

リハスタに

今日は、ピーポーのリハスタに安田仁さんが遊びに来てくれました。写真まで撮ってくれたので、せっかくなのでアップしときます。どうせなら一緒に撮ればよかったなあ。

こんなことってあんまりないけど、人の練習を見たり、また見せて意見を聞いたりっていうのは、案外勉強になるかも。まあ今日は安田さん一人にライブしてるような感覚にもなったけどね。自分は普段の練習で曲を演奏するときは、意識はほとんど楽器のアンサンブルの方で、歌は二の次です。本番はまったく逆です。つまりライブで集中して気持ちよく歌うための土台作りが、普段の練習です。まあそれはなかなか簡単にはいきませんが。もちろん真剣にやってるが故ですが、相方とーるには暴言吐きまくりです。とーるはイラチなくせに内気なので、演奏中スティック(ドラムを叩く棒)を飛ばすという行為で抵抗してきます。最近その方向、距離がだんだん自分に近づいてきているのを感じます。いつか刺さるかもしれません。

安田さんはいい感じで第三者してくれました。ピーポーの練習を見たことが、安田さんにとってもなんらかのプラスになってればと思います。

さてさて、明日(今日)はライブです。

●9月26日(水)@京都 MUSEHALL
「Feelin’ Good!!」
楓/ピーポーインザプラネッツ/三匹の子豚/ひなつけんた
open 18:00/start 18:30
adv ¥2,000/door ¥2,500(1D別)

ピーポー出演は3/4番目、20:05〜予定です。受付で「ピーポー見に来た」で前売扱いになります。よければ遊びに来てください。

教本買った話

自分はギターが下手です。いま一度、何か上達するヒントはないものかと、こんな本を買って読みました。今までのいわゆるギター教本とはちがうアプローチで、読みやすくて面白かったです。が、残念ながらもうほとんどわかってる内容でしたね。これからギターを始めようという人には、とてもいい本だと思います。

何度上がどうとか、スケールとか、勉強しても未だに理解できません。たぶんおれは、その辺の脳の仕組みがあほなのでしょう。自分が作った曲で使ってるコードが何なのか、人に聞くくらいですから。譜面なんかもさらっと読み書きできたら、もっと活動の幅も広がるやろうになあ。理論ばかりに頼ってる人もおもしろくないけど、自分みたいなやつには逆にそういうたしかな知識と技術が必要な気がしています。なにかいい方法知ってる人がいたら教えてください。お金と時間のかからないやり方で。ないかそんなん。

さよなら summer blue

昨日、おとついと、2日連続でライブさせてもらいました。

まずは祇園のアコースティックバーKEYSTONEにて。ここのマスターでアコースティックユニット岡林の岡さんが誘ってくれました。ソロでの出演です。神奈川のアニキあゴーゴーさんを京都のアーティストが迎えるという趣旨で、自分の他に山田兎さんも出演しました。兎さんとはしょっちゅう会うけど、共演はじつに2、3年ぶりです。人柄も歌もじつにピュアな方です。たまに二人で音楽談義なんぞをすると、おれはいつも「ぎいち君、その考えは極端やで。」と笑いながら怒られます。さて、ライブはというと。とても気持ちよくさせてもらいました。「このはかない一生の中で」の最後のフェイク部分で、お客さんとの合唱になったのは今回が初めてです。お馴染み、安田仁さんも応援にかけつけてくれました。「もう保護者の気分やわ。」と笑顔。みなさんありがとうございました。

<SET LIST>
kitchen drunker’s love song
あやまりたい
通り雨降る月夜の女
generation for the permanent green
このはかない一生の中で

そして昨日は都雅都雅ピーポーナイト。今回は実質2マンという形式でした。いつものワンマン形式とはちがって、かなり攻めていたと思います。自分は昔から権力や肩書きといったものがきらいです。今回がどうというわけではないですが、単純に対バンがプロと聞いて燃えたのかもしれません。はっきり言って負け続けで、「成功」とはほど遠い位置にいるピーポーですが、音楽とは本来そういうやつのためにあるものと、心の底では信じています。

<SET LIST>
通り雨降る月夜の女
愛をもって孤独なれ
oh yeah, ah yeah
カンパニーズ・ブルース
さらば愛しい人よ
kitchen drunker’s love song
限りない喜びも、果てしない悲しみも
summer blue
ハレルヤ
このはかない一生の中で

今回も見に来てくれたみなさま、ありがとうございました。これが極力ポップを排除した、ピーポー「攻め」のセットリストでした。まあ、ポップの概念は人それぞれでしょうが。summer blueはこれが今年最後の演奏でした。また来年までさよならです。

次回ピーポーナイトは10/24(水)です。ワンマンに戻ります。その前に京都MUSEのライブもあります。また来てください。

MUSE詳細

9月26日(水)の京都MUSEHALLでのライブの詳細がでました。以下の通りです。

●9月26日(水)@京都 MUSEHALL
「Feelin’ Good!!」
楓/ピーポーインザプラネッツ/三匹の子豚/ひなつけんた
open 18:00/start 18:30
adv ¥2,000/door ¥2,500(1D別)

※ピーポー出演は3/4番目、20:05〜予定です。また久々にバンドでの対バンライブです。おお、楓さんと一緒なのだね。よろしく〜。その前にピーポーナイトがありますが。みなさん遊びに来てください。

昨日のこと

先に音楽に関する行事を書きましょう。なにせ、ここはバンドのホームページですから。ドリームウィザードさんのラジオ番組「ザッツドリームウィザード」の収録に参加させてもらいました。左からドリーム広報のカズさん、自分、安田仁さん、QUALITYベーシストのあやかちゃん。面白いメンツで。今回も筋書きなしの、ぶっつけ本番です。瞬発力のない自分は完全に手こずってましたが、忙しい中、今回もありがとうございました!

で、その前は何をしてたかというと…。また行ってしまいました。今回は安田さんと二人で。

浜大津。ミシガンをバックに。いや、最高でした。時間も限られてたし、釣りたいし。朝も昼も食事抜きで夢中でキャスティングしてました。結果は、安田さん41センチ他計5匹、おれ30センチ前後他計3匹。満足です。とにかく最近は一分一秒でもながく、無心になりたいです。釣りしてる間だけは無心になれます。

音楽もがんばります。

今日のスケジュール、釣り

ああもう。最高の休日やったわ。

バス4匹、そしてフィニッシュはギルでした。羽根のばせた。ほんま羽根のばせた。